スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←魔界都市・暗夜の旅人  →魔界都市・紫煙の報復
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking 小説ブログランキング
  • 【魔界都市・暗夜の旅人 】へ
  • 【魔界都市・紫煙の報復】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

魔界都市シリーズ

魔界都市・真珠色の朝

 ←魔界都市・暗夜の旅人  →魔界都市・紫煙の報復
<新宿>の夜は、安全地帯といえども油断は出来ない。夜のみ出現する怪異も多いからである。うごめく妖物、邪悪な魔人、改造生物、サイボーグ、そして人間。あらゆる物が危険をはらみ、闇の中に潜んでいる。

新大久保の駅前から脇道に反れると民家が密集している。深夜はどの家も鎧戸を堅く閉ざしている。たとえ何物かに襲われて助けを求めても、開く窓はない。その危険な夜の道を行くひとつの影があった。昼下がりの公園でも散歩するように飄々と歩いている。黒いコートを纏ったその影は、天空の月ですら見惚れる程に美しかった。

道端にうずくまる姿があった。黒いコートは立ち止まった。
「みーつけた」
まるでかくれんぼのように言った。若い男の声だが、どこか茫洋とした響きがある。うずくまる影は動かなかった。
「さあ、帰りましょう」
黒衣の青年は諭す様に言った。か細い声が聞こえた。
「うご・・け・・な・・い」
「仕方ないなぁ」
青年が手を差し出すと、か細い声の主は宙に飛び上がった。鋭い鍵爪のついた大きな手、見開いた目も口も極限まで裂け、髪は逆立っていた。引き裂かれたと見えた若者は数メートル先に立っていた。

「”僕”で良かったね。”私”だったら、今頃、細切れになってる」
青年はのんびりと言った。青く光る目と鍵爪を振り翳した相手に、その言葉がどこまで理解出来たものか。なおも飛び掛ろうとした身体が、ぴたりと動きを止めた。若者は口笛でも吹きそうな軽い足取りで歩き始めた。その後をよろよろと化け物が続いた。不可視の糸が二人の間を結んでいた。

灰色の建物の間から朝日が覗いた。青年はのどかにすら見える様子で歩いていた。その後ろに付き従っている物はいつのまにか美しい少女に変っていた。少女はうつむいて大人しく歩いていた。二人は元の新宿区役所だった場所に着いた。

「深夜料金は五割増しだぞ」
「君と私の仲ではないか」
白い医師は悩ましげに黒衣の青年を見た。
「やなこった、藪医者め。値切るならこれっきりだ」
「口が悪いな、美しい顔をして」
「おまえみたいに、白衣の中身が真っ黒よりはマシだ」
「やれやれ」
白い医師は白くたおやかな手で宙を指した。大きな指輪がきらめいた。当直の医師の姿が宙に浮かび上がった。
「逃亡した患者が見つかった。今夜から夜の拘束は五倍強化したまえ」
「承知致しました」
医師は頭を下げ、映像は消えた。

「さて寝なおすかな」
「夜明けのコーヒーを、一緒にいかがかな」
「帰って一人でほうじ茶でも飲むさ」
「相変わらず、つれないな」

黒衣の青年が表に出ると、雲が薄くたなびく早朝の空は真珠色に見えた。遠い車の往来の音が響いて来る。今日も<新宿>の一日が始まろうとしていた。

(終)

FC2 Blog Ranking小説ブログランキング
関連記事


FC2 Blog Ranking 小説ブログランキング
  • 【魔界都市・暗夜の旅人 】へ
  • 【魔界都市・紫煙の報復】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【魔界都市・暗夜の旅人 】へ
  • 【魔界都市・紫煙の報復】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。