* Novel List

NovelListは小説の第一番目の記事にユーザー タ グ  を設定することで自動作成される、掲載小説の一覧ページです。
  ⇒NovelList のサンプルページ
詳しくは作者ブログ 五つの基本設定 『4.Novel List のための設定』をご参照ください。

NovelListのリンクボタンが不要な場合はスタイルシートの末尾に以下を追加してください。
.go-novel{ display: none!important; }

小説関連の表示が全て不要な場合はスタイルシートの末尾に以下を追加すると消えます。
.delete{display:none!important;}

※尚、ユーザー タグ を設定するとこの説明文は表示されなくなります。

  スポンサー広告  

Edit] 

【 作品のご案内 】        --.--.-- ~  執筆

 スポンサーサイト 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

 ▲PageTop 

  一輪の花(BLEACH)  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2014.04.10 ~  執筆
浮竹は床に就いていた。熱に浮かされた身体が重い。藍染の裏切りで騒然とした護廷十三隊の建て直しに奔走した疲れが一時に出た様だった。元々病身であるのに、浮竹は無理を重ね過ぎた。だが四十六室全員惨殺の後、山本元柳斎重國がすべての権限を行使するにあたり、補佐は浮竹と京楽の役目であった。己の身体を労わる余裕もないままに、激務に身を投じるしかなかった。仰向いたまま顔の前に手を翳してみた。斬魄刀を解放する度に削...

 一輪の花(浮竹十四郎)第一話 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

 ▲PageTop 

  魔界都市シリーズ  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2012.10.25 ~  執筆
「想い出のサンフランシスコ」が流れている。 歌舞伎町の狂乱もこの地下の店までは届かない。グラスを片手に誰もが一人の思いに耽っている。白い医師の姿も時折見掛けるという。居酒屋「ポルト」はそんな店だった。 カウンターでジン・フィズを前に、私はぼんやりと店内を眺めながら音楽に 耳を傾けていた。寡黙なバーテンダーが一人、優雅な手付きでグラスを並べている。 I left my heart in San Francisco・・・ かすかに潮騒が...

 魔界都市・真夜中の潮騒 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

 ▲PageTop 

  目覚めし風は空高く(TIGER&BUNNY)  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2011.11.06 ~  執筆
風が吹いている。キース・グッドマンは目を覚ました。窓を閉め忘れたのだろうか。ふとキースは自分の手を見た。夜更けの闇の中で、彼の両手がほのかに青く光っている。(何だ、これは)キースは光る両手で顔を覆った。(これは夢だ、夢に違いない)翌朝、彼が目にした室内の光景は、あれが夢ではなかったと告げていた。泥棒が物色したかの如くに、あらゆる物が床に散乱していた。テーブルから落下したグラスの破片を踏まないように...

 目覚めし風は空高く(SKY HIGH)1 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

 ▲PageTop 

  FINAL FANTASY  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2011.09.25 ~  執筆
お世辞にも綺麗とは言えない家だった。小さな窓の向こうに、夕陽が落ちかけた荒涼とした砂漠が見える。古びた椅子に座ったクラウドは、らくだ色の擦り切れた毛布に包まれていた。側の壁には、クラウドが引きずって来た剣が立て掛けられていた。クラウドはじっとその剣を見ていた。老婆が暗がりの奥から皿を運んで来て、クラウドの前の傷だらけのテーブルに置いた。「おあがり、お腹がすいているだろう?」クラウドは老婆の方を見る...

 空色の瞳の子(CCFFVII・クラウド) 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

 ▲PageTop 

  METAL GEAR SOLID  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2011.09.24 ~  執筆
朝食のテーブルで、俺は珈琲を飲んでいる。「今日は、数学のテストがあるんだ」息子のリトル・ジョンが白身の切れ端を口に押し込みながら言う。「今度は及第点を取ってね」ローズマリーがフライパンを覗き込みながら言う。フライパンの上で、丸い黄身がふたつ、サニーサイドアップになるのを待っている。息子は俺にちらりと視線を送る。(また、お母さんのお小言だ)共犯者の笑いを含んだまなざしを俺は返してやる。(ああ)息子は...

 そして俺は珈琲を飲む(MGS4・雷電) 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

 ▲PageTop 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。